このエントリーをはてなブックマークに追加

全商品一覧を見る

検索バーにご覧になりたい選手名・対戦カードetc...を入力してください

新日本事件簿 第三章

カテゴリ: IWGPヘビー級選手権,アナウンサー受難,デスマッチ,事件・裏切,東京ドーム

205 新日事件簿三

  • 初回特典
  • 3D対応
  • BOX
  • DVD
  • ブルーレイ

「全てはリングの上で起こった

現実(リアル)である!!」

事件簿シリーズ第三弾にして、遂に「禁断の団体対抗戦」を解禁! 衝撃の映像と、関係者等の証言をもとに軍団対抗戦を徹底検証! 裏側に隠された想定外の真実を超豪華証言者陣が激白する!!

価格
発売日
¥6,800(+税) 2009年6月26日発売

新日本事件簿 第三章

  • amazon.co.jpで買う

新日本事件簿 第三章

  • amazon.co.jpで買う

史上最強の証言者

史上最強の証言者達が勢揃い
佐山サトル、永田裕志、越中詩郎、小林邦昭、山崎一夫、4代目タイガーマスク、金原弘光、柴田惣一、金澤克彦、安田j拡了、永島勝司、新間寿

第1章 UWFの憂鬱

プロレス界の神として崇拝されていたアントニオ猪木。その猪木に噛み付く男がいた。その名は前田日明。のちに「格闘王」と呼ばれる男。かつて猪木の付き人をしていた彼が後に世に言う「長州顔面襲撃事件」を起こしてしまう。前田の中で何が起こり、変わっていってしまったのか?一体その目的は!?

<収録試合>
昭和61年10月9日 両国国技館
 異種格闘技戦
  前田日明 vs ドン・ナカヤ・ニールセン

昭和58年5月27日 高松市民文化センター
 IWGP決勝リーグ
  アントニオ猪木 vs 前田 明

昭和60年12月6日 両国国技館
 UWF、新日本復帰挨拶

昭和61年2月6日 両国国技館
  アントニオ猪木 vs 藤原喜明

昭和61年6月12日 大阪城ホール
 IWGPヘビー級王座決定リーグ戦
  前田日明 vs 藤波辰巳

第2章 UFOが来た日、1.4闘強導夢

何もかもが異常な緊急事態!誰かが何の為に仕組んだのか!?
今も裏プロレス史に語り継がれる「1999.1.4東京ドーム 橋本×小川戦」。
あの一戦がプロレス界にもたらしたものは、果たして何か?
仕掛人と目される佐山サトル氏が遂に重い口を開いた・・・

<収録試合>
※あまりにも危険過ぎる映像の為、橋本×小川選手の映像は収録しておりません。ご了承ください。

第3章 何故、邪道をリングに上げた

「彼奴をリングに上げてはいけない!」あのアントニオ猪木にそう言わしめたインディーのカリスマ・邪道大仁田厚。
邪道の戦いは「大仁田劇場」と呼ばれ当時の社会現象までに・・・
怒り、興奮、そして涙の裏に隠された大仁田劇場の真実を徹底検証。

<収録試合>
平成11年4月10日 東京ドーム
 ノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチ
  大仁田厚 vs 蝶野正洋

平成12年7月30日 横浜アリーナ
 ノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチ
  大仁田厚 vs 長州 力

第4章 対 UWF 〜プロレスで勝つという事〜

「Uをドームで消してやる」プロレス史に今も燦然と輝く「新日本×UWFインター全面対抗戦」。絶対に交わる事のないと思われていた両陣営。団体の存亡を賭けた伝説的対抗戦は何故ゆえに実現したのか!?緊迫の駆け引きが今、関係者の証言で明らかに!!

<収録試合>
平成7年10月9日 東京ドーム
  長州 力 vs 安生洋二
 IWGPヘビー級選手権
  武藤敬司 vs 高田伸彦

第5章 誠心会館との抗争で何が起こったのか

血みどろの様相を呈した「プロレス×空手」の団体対抗異種格闘技戦。入場テーマも、リングコールもも奪われた緊迫の対抗戦が実現していた!今まで謎とされていた抗争の発端、さらには平成維震軍結成間での真実に迫る!!

<収録試合>
平成4年2月8日 札幌中島体育センター
 異種格闘技戦
  小原道由 vs 斎藤彰俊

平成4年2月10日 名古屋レインボーホール
 異種格闘技戦
  越中詩郎 小林邦昭 vs 斎藤彰俊 田尻茂一

平成4年3月9日 京都府立体育館
 異種格闘技戦
  越中詩郎 小林邦昭 vs 青柳政司 斎藤彰俊

仕様

品番
AKBD-16033
ディスク枚数
DVD:1枚 
収録時間
120分
言語
日本語
サイズ
4:3
コピーライト
©2009 テレビ朝日/ビデオ・パック・ニッポン
発売元
ビデオ・パック・ニッポン
販売元
エイベックス・マーケティング
  • amazon.co.jpで買う